MENU

女性の生活習慣病

 女性が閉経や更年期を迎えるとホルモンの分泌が低下しますが、卵胞ホルモンにはコレステロールの増加をおさえて動脈硬化を防ぐ働きがあり、からだを守ってくれていました。それが、分泌の減少・停止を迎えるわけですから、更年期は心臓病、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が始まる時期でもあるといえます。くれぐれも注意しましょう。

 

 女性の生活習慣病で急増しているのが、動脈硬化です。
動脈硬化は、心臓から全身に血液を送り出す動脈の内側にコレステロールが沈着し、血管内が狭くなったり弾力がなくなったりする、血管の老化現象です。
そうなると、心臓の機能は酸素や他の成分が不足するために低下します。
動脈硬化の原因は、高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が高くなる高脂血症、肥満、喫煙などです。また、動脈硬化が進行すると狭心症や心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などを引き起こすので要注意です。適度な運動と休養、コレステロールや塩分を制限したバランスのよい食事を心がけることが大切です。

女性の生活習慣病|閉経更年期障害お助けナビ関連ページ

閉経と肥満の関係
閉経になると太ったと言う話はよく聞きます。予防、解消方法を確認しておきましょう。
注目の食品
女性ホルモンに効果のある食品として注目されているのがざくろです。さてどのような効果があるのでしょうか。
日常生活の注意点
更年期の過ごし方や日常生活での注意点を上げていますのでよく理解して実行しましょう。
健康診断
閉経や更年期を迎えるといつ大きな病気に掛かるかわかりません。定期的に健康診断を受けましょう。