MENU

日常生活での注意点

 更年期はいずれ過ぎていくもので、更年期障害もまた必ずおさまっていきますが、ちょっとした工夫や気分転換で、症状をコントロールすることができます。
からだや心の不調と上手につきあい、乗り切りましょう。

 

 まずは自分の状態をきちんと理解して、からだの衰えを否定しないで受け入れること。これがきちんとできないと、常に落ち込んで自分を責めることになります。

 

 食事はバランスよくおいしくとる、生活に適度な緊張感をもつ、日中はよく動く、疲れたら休む、夜はきちんと寝るなど、規則正しい生活は心身によい影響を与えます。生活のリズムは、一つ狂うと全体的におかしくなってしまい、そのままズルズルと怠惰な毎日になりやすいので、注意しましょう。

 

 からだを動かすことは、筋肉にも内臓にも適度な刺激となり、体調がよくなります。しかもよい汗をかけば爽快感や満足感が得られ、イライラ解消に効果的。ただし、急に過激なスポーツをするのは無謀です。自分に合ったスポーツを見つけましょう。

 

 のんびりと午後のティータイムを楽しむのもよいですし、入浴時間を長めにして手足を伸ばすのもよいでしょう。好きな音楽を聴いたり、香りを楽しんだりして、心身ともにリラックスできる時間をつくりましょう。

 

 老後をより楽しくするために、これからのことを前向きに考えてみましょう。更年期は、子どもが巣立ち、仕事がひと区切りついたあとの自分のこれからを考える、大切な時期でもあるのです。

日常生活の注意点|閉経更年期障害お助けナビ関連ページ

閉経と肥満の関係
閉経になると太ったと言う話はよく聞きます。予防、解消方法を確認しておきましょう。
注目の食品
女性ホルモンに効果のある食品として注目されているのがざくろです。さてどのような効果があるのでしょうか。
健康診断
閉経や更年期を迎えるといつ大きな病気に掛かるかわかりません。定期的に健康診断を受けましょう。
女性の生活習慣病
女性の生活習慣病の始まる時期や特に注意したい病気などを覚えておきましょう。