MENU

ホルモン療法と漢方薬

 ホルモン療法は、更年期障害の根本的なところの治療を目的としたものですが、それ以外につらい症状をやわらげるための薬物療法があります。
おもなものは、自律神経調整薬や精神安定剤、末栴血行改善剤、抗うつ薬などの薬による療法です。自律神経調整薬は交感神経と副交感神経の両方を調整するもので、ほてりや発汗など、自律神経の失調が原因の不定愁訴に有効です。

 

 精神安定剤は、イライラや不安感などの心身症タイプの不快症状をやわらげるために使われます。また、うつ状態がひどい場合には、抗うつ薬が効果的です。
このほか、冷えやほてり、発汗にはビタミンE剤が、めまいや頭痛をおさえるためには鎮静剤などが使われます。

 

 更年期障害に、漢方薬を用いる医師も少なくありません。更年期や月経に関するさまざまな症状を、漢方では「血の道症」といいますが、症状が一定せず、心因的な原因をもつ更年期の不定愁訴にはぴったりといえます。
ただし、漢方薬は体質に適さないと副作用が出ることもあるため、専門医の指導のもとに治療を進めることが大切です。

 

薬物療法|閉経更年期障害お助けナビ関連ページ

閉経前の兆候や症状
閉経前の兆候や症状を分かりやすく解説します。また閉経の兆候が出たときに閉経を先にのばす方法もお伝えします。
閉経後の症状や対策
閉経後の症状や対策を分かりやすく解説します。甘く見ると恐ろしい病気もありますので、充分に注意してください。
閉経・更年期の症状
閉経や更年期障害で一般的に多く見られる症状はいくつかあり、またその症状は重なって発生したりします。
精神的症状
閉経や更年期になったときは体だけでなく、精神的症状もいくつかでますので、知っておきましょう。
要注意の病気
女性ホルモンの低下に伴う症状はいくつかありますが、特に要注意の病気がありますので、気をつけてください。
更年期障害の治療法
閉経・更年期障害の一般的な治療法を紹介ししてます。自分に当てはまる症状をご確認の上、お近くの病院に行かれることをオススメします。
ホルモン補充療法
更年期障害の治療方法で注目を浴びているホルモン補充療法がどのようなものかを説明しています。
心理療法
更年期障害の心理療法がどのようなものがあり、どのような効果があるのかを確認してみましょう。