MENU

閉経前の兆候や症状−閉経を先延ばしにするにはエストロゲンがいい

 閉経は時期に多少の個人差は見られるもののすべての女性に訪れます。

 

女性はオギャーと生まれた時にすでに卵巣内に何百万個もの卵子の元があります。しかし年齢を重ねていくと、生理、いわゆる排卵の度にどんどんその卵子の元の数は少なくなります。40代に入って40歳半ばを迎えるころには卵子も年をとり寿命が来ます。こうしてリスクが多くなった卵子を消滅させるためにも閉経は重要なことなのです。男性の精子と同じです。
そして女性は排卵の度に女性ホルモンを排出するのですが、若い時には輩出した分を体の中で分泌をします。

 

その分泌が少なくなっていくと閉経を迎える兆候となります。

 

このように説明をすると女性は40代に入ったあたりからいきなり女性ホルモンの分泌がなくなるように聞こえるかもしれませんが、事実は少々異なります。女性は20代に入った頃に最も多くの女性ホルモンを分泌するようになり、その後は年齢とともに女性ホルモンの分泌は少なくなります。

 

多くの女性は閉経前、40歳を過ぎる頃から生理の周期が長くなったり短くなったり、あるいは長くなったと思ったら急に短くなったりといった生理不順の兆候が現れます。閉経をむかえる頃にはこうした生理の周期の乱れとともに精神的な症状も多発するようになります。抑うつ感や不安感、イライラ、不眠などの不安定な精神状態となるのです。

 

この他閉経前の兆候としては、肩こりや腰痛、頭痛、ホットフラッシュ、動悸、めまい、息切れ、便秘、下痢などの症状が見られます。こうした症状はプレ更年期には多く見られるもので不定愁訴とも呼ばれます。

 

閉経の年齢は個人差があります。平均の年齢は50歳ですが、早い人では30代で閉経をむかえることもあります。逆に55歳を過ぎても生理がある女性もいます。日本では閉経とともに女性としての勤めが終わるというような考え方をしがちですが、医学的には意味はありません。むしろ不安定な更年期をさっさと乗り越えるために早く閉経が来ることを待ち望んでいる女性もいます。

 

また、閉経は個人差がありますが、閉経を先延ばしをするには女性ホルモンであるエストロゲンを摂取することで閉経時期を遅らせることができます。詳しくは閉経トップページをご参照ください。

閉経前の兆候や症状|閉経更年期障害お助けナビ関連ページ

閉経後の症状や対策
閉経後の症状や対策を分かりやすく解説します。甘く見ると恐ろしい病気もありますので、充分に注意してください。
閉経・更年期の症状
閉経や更年期障害で一般的に多く見られる症状はいくつかあり、またその症状は重なって発生したりします。
精神的症状
閉経や更年期になったときは体だけでなく、精神的症状もいくつかでますので、知っておきましょう。
要注意の病気
女性ホルモンの低下に伴う症状はいくつかありますが、特に要注意の病気がありますので、気をつけてください。
更年期障害の治療法
閉経・更年期障害の一般的な治療法を紹介ししてます。自分に当てはまる症状をご確認の上、お近くの病院に行かれることをオススメします。
ホルモン補充療法
更年期障害の治療方法で注目を浴びているホルモン補充療法がどのようなものかを説明しています。
薬物療法
更年期障害の薬物療法がどのようなものがあり、どのような効果があるのかを確認してみましょう。
心理療法
更年期障害の心理療法がどのようなものがあり、どのような効果があるのかを確認してみましょう。