MENU

閉経後の症状や対策

 閉経後は体としては安定している時期が来ます。更年期の後半にあたります。しかし更年期の症状が完全になくなることはないようです。
この頃になると女性ホルモンに影響される女性の臓器のほとんどは萎縮して小さくなります。見た目ではわかりませんが子宮も小さくなり、腟も狭くなります。腟粘膜も薄くなって出血したりもします。
閉経後に婦人科で処方されるのは、エストロゲンではなくエストリオールという軽い女性ホルモン剤です。

 

では、閉経後の症状を見てみましょう。

 

まず、性行障害です。
性行障害とは女性ホルモンの作用が低下して腟が狭くなりそして腟の粘膜が弱くなっているので性行時に多少の痛みと出血が見られるようになります。
ドラックストアに売っているような専用のゼリーを性交時に使用すると良いです。エストリオールという女性ホルモンを服用するとある程度腟粘膜が回復してきて潤いが出てきます。しかし一番の治療は年をとっても男性と性交することだと思います。性交が減るとどうしても腟は萎縮傾向になり、たまに性交しようとすると痛みが生じて性交したくなくなります、するとますます腟は萎縮して狭くなりついには性交できなくなってしまいます。それは自分自身が女性であることを認識するいい機会でもありますし、そうならないように常日頃健康のために性交するようにしましょう。
性交を続けることで女性ホルモンの低下が防げるかどうかはわかりませんが、少なくとも体全体の若さを保つためにはよい効果があると思います。特にお産をされていない方(もしくは全部帝王切開で生んだ方)は腟が狭くなる傾向にありますので特に気をつけて性交するようにしてください。

 

そして子宮脱。
子宮脱は骨盤の筋肉がゆるんで子宮が下がってくる病気です。子宮が下がってくると膀胱も下がってきます。歩いていると股の間に何かがはさまったような感じがするといわれる方が多いです。これは男性にも言えることですが膀胱が下がりすぎるとオシッコが出にくくなりますが、そのような場合は手術が必要です。そうでもない場合はペッサリーというリングを腟内にいれて子宮や膀胱が降りてくるのを防ぎます。ペッサリーは手術までの一時しのぎという感じが強いですね。ペッサリーは定期的に消毒する必要があります。

 

つづいて更年期後半の病気らしい老人性腟炎です。
非常に名前が悪いので患者さんに口に出して言うのがはばかられます、最近は萎縮性腟炎という呼び名に変わっていますが、老人性腟炎の方がわかりやすいのでそのまま使っています。女性ホルモンの作用が低下したために腟の抵抗力が減ってきて細菌に感染しやすくなり、腟内に雑菌が増えた状態です。ほっといても特に問題はありませんが、まれに子宮癌の初期症状で出血や腟炎症状(おりものが増える)が出ていることがあるので子宮癌検診を行う必要があります。子宮癌検診が異常なければ短期間軽いエストリオールを服用するか女性ホルモンの腟座薬を腟内に入れる治療を行えばよくなります。でも基本的に女性ホルモンが減ったために生じるものなので繰り返す傾向にはあります。

 

また、膀胱炎のようなことも起きます。
閉経後の更年期後半の女性に多いのが頻尿や残尿感などの膀胱炎症状です。女性ホルモンが低下したために膀胱が萎縮して小さくなり小便が近くなります。膀胱粘膜も薄くなりばい菌に感染しやすくなります。従って膀胱炎症状にもホルモン剤が効くのです。もちろん膀胱炎自体の治療は抗生剤を使って行わなければなりません。水分を十分取ることで尿をたくさん出してばい菌を出してしまえば膀胱炎は早くよくなります。おしっこが近くてしょっちゅう膀胱炎になる場合はエストリオールという軽い女性ホルモンをしばらく続けるとよいでしょう。非常に軽いホルモン剤ですので副作用はほとんどないです。

 

いずれの症状もそうですが、軽度なものから重度なものもありますので、我慢せずに必ず、婦人科の先生の診断を受けてください。

 

閉経後の症状や対策|閉経更年期障害お助けナビ関連ページ

閉経前の兆候や症状
閉経前の兆候や症状を分かりやすく解説します。また閉経の兆候が出たときに閉経を先にのばす方法もお伝えします。
閉経・更年期の症状
閉経や更年期障害で一般的に多く見られる症状はいくつかあり、またその症状は重なって発生したりします。
精神的症状
閉経や更年期になったときは体だけでなく、精神的症状もいくつかでますので、知っておきましょう。
要注意の病気
女性ホルモンの低下に伴う症状はいくつかありますが、特に要注意の病気がありますので、気をつけてください。
更年期障害の治療法
閉経・更年期障害の一般的な治療法を紹介ししてます。自分に当てはまる症状をご確認の上、お近くの病院に行かれることをオススメします。
ホルモン補充療法
更年期障害の治療方法で注目を浴びているホルモン補充療法がどのようなものかを説明しています。
薬物療法
更年期障害の薬物療法がどのようなものがあり、どのような効果があるのかを確認してみましょう。
心理療法
更年期障害の心理療法がどのようなものがあり、どのような効果があるのかを確認してみましょう。